top of page
Search
  • Writer's picturequan wu

能量,性,自杀:线粒体与生命的意义

强烈推荐!! 本书如同一本精彩的推理小说,引经据典,抽丝剥茧般地阐述了生命的诞生。 并对真核生物多样性的起源和性别差异的本质进行了探讨。最后,所有的证据都指向了“凶手”:线粒体。结果如何,我们拭目以待。另外,书名让人想起奈飞名作:爱,死亡和机器人。


非常にお勧めだ!本書はまるで優れた推理小説のように、生命の誕生を描いている。真核生物の多様性の起源や性差の本質についても述べていた。 最終的には、すべての証拠が「殺人者」であるミトコンドリアを指し示している。 本当かどうか、読者に任せる。この本のタイトルは、ネットフリックスのテレビシリーズ『愛、死、ロボット』を連想させる。

Highly recommended! This book, like a brilliant speculative fiction novel, quotes scripture and draws out the birth of life. It also explores the origin of eukaryotic diversity and the nature of sex differences. In the end, all the evidence points to the "killer": the mitochondria. We will see how it turns out.The title of the book is reminiscent of the Netflix TV series, Love, Death, Robots.

5 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page